トラブル肌に最適な成分がオレイン酸

オレイン酸は脂肪酸の中で最も酸化しにくい油で、肌の内部にある水分の蒸発を防ぎ、潤いのある肌を保つために欠かせません。

保湿効果の他、紫外線などの刺激から肌を守ってくれる、抗菌、消炎作用も持っていて大人ニキビにも効能があります。

椿油の使い方は、化粧水で肌を整えた後に、乳液や美容液の代わりとして使うのが一般的です。

「油」なので使うとベタベタぬるぬるしそうと思われますが、椿油は肌になじむのが特徴で、サラダ油のようにぬるぬるベタベタしません。

このようにスキンケアだけでなく、クレンジングやオイルパック、角栓ケアにも椿油は使う事ができます。

フェイシャルケア、ヘアケアーだけでなく、ボディケアにも使えます。

お風呂上がり、タオルで水滴を拭き取った後、椿油を手に5-6滴とり、首筋、肩、腕、足などにマッサージしながらなじませると、肌をなめらかにし、柔らかくハリのある質感に整います。

乳児のデリケートな肌にも使う事ができますので、敏感肌の人も安心して使えます。

 オーガニックコスメ美容液のまとめサイトはこちら

世の中、オーガニック化粧品がたくさんありますが、その代表と言える椿油について紹介しました。

お肌トラブルがあり、お手頃お手軽にスキンケアをしたい方は椿油は使ってみては如何でしょうか。

オーガニック化粧品の中でも万能アイテム「椿油」の効能について

オーガニック化粧品とは、自然由来の成分を中心に配合された化粧品の事で、化学的な成分をほとんど使用してない化粧品です。

化粧品の品質を長持ちさせる添加物まで使用していないものも多く、使用期限が短いのも特徴です。

そのぶん、アトピーや皮膚炎、敏感肌の人にとっても副作用が少ないというメリットもあります。

 

数多く存在するオーガニックコスメで長年愛されていてドラッグストアでも買う事ができる、椿油が万能な美容アイテムと、好評価です。

椿油と言えば、傷んだ髪の毛に効くというイメージが強いです。

しかしもちろん傷んだ髪の美容にも効果がありますが、スキンケアに使ってもとても効果があるのです。

椿油が肌にいい一番の理由は、成分の8-9割を占める、オレイン酸にあります。オレイン酸は、人の皮脂の主成分で脂肪酸の一種です。

皮脂バランスが崩れてしまうと、乾燥し、シワができやすくなる、ニキビができるなどお肌トラブルに見舞われます。